欧州は大丈夫?

 スペインは空前の好景気ということで、2003年から2007年までは3%以上のGDPを維持して、ユーロ平均を大きく上回っています。サービス業の成長が著しく、今後も先進国としての成長スタイルを維持できるということになっていますが・・・?

 現状では不動産価格の高騰が経済成長を支えている部分も大きいように思います。
一等地の不動産価格は数年で1.5倍から2倍に跳ね上がるものも珍しくなく、不動産の転売を繰り返す、あるいは高騰した不動産を担保に新しい不動産を買い増していく。不動産売買に不動産ブローカーばかりでなく、一般人もどんどん参加していく。
 なんとなくどこかで見た光景のような気もしますが、「スペインは不動産バブルではない」というスペイン人は多いようです。

 イギリスでもその傾向は一時期ありました。なんとかバブル崩壊せずに少し沈静化してきたようですが、今回のサブプライム問題はイギリスにも大きく影を落としているようです。
 スペインは大丈夫なのでしょうか?バブルの崩壊は一度歯車が狂うと一気に逆回転を始めるため、歯止めがかかりにくいのが怖いです。
 フランス、ドイツ、イタリアなどでも金融関係を中心にサブプライムの問題は少しずつ影を落とし始めています。欧州は大丈夫ということで、昨年8月以降、ドルが売られてかなりの部分がユーロに流れていったわけですが、欧州の問題が本格化してきた場合、必要以上に上がりすぎた分だけ、ユーロやポンドの下げはきつくなるように思います。
 米国のリセッションの本格化=ユーロドルの高騰と結び付けてしまうのは、少し危険なようにも感じるのですが・・・。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【7月11日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【7月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【7月18日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する