マック店長は管理職に当たらず

「マック店長は管理職に当たらず 残業代支払い命令」
という判決が東京地裁でありました。
これはある意味凄いことになってしまう判決だと思います。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/080128/trl0801281051008-n1.htm
マックだけでも1700人もの店長がいるわけで、全員に残業代をつけたらどうなってしまうのか。
コナカでも同じような訴訟が出ていましたね。
日本の企業というのは事実上、サービス残業が当たり前で、それで企業が成り立っている側面もあります。
とにかく店長でも主任でもいいから役職をつけてしまって、むやみに残業をやらせないで、人件費を抑えるという考え方は経営者側にはあると思います。
「どうせもうすぐ辞めるし、今までの残業代を取り返そう」という人がどんどん増えてしまったらどうなるのか。役職者でも課長以下辺りは残業代をつけることを半ば義務化されてしまったら企業にとっては大打撃でしょうね。

 私もサラリーマン時代、入社当初から、あれやこれや役職をつけられてほとんど残業手当というのをもらった記憶がないですね。残業の多い女性平社員より給料が安いのが辛かったです(笑)。
 私も一つ訴訟でも・・・、残念ながら当時の記録もないですし、もう時効です!

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【12月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【12月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【12月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する