FXCMが・・

ムーディーズが日本国債の格付けをA1からAa3に引き上げた事を受けて、円高が進んでいますね。ドル円は102円あたりまで下落するとの見方がでているので、要注意ですね。
 
 先週からFXCMのレートが小数点以下2桁から3桁(なつかしい言い方です)になったため、
より細かいオーダーが可能になり、またスプレッドも縮小したようです。この点、トレーダーにとっては有利になったようなのですが・・・。
 成り行き注文時に動きが少しあると、なかなか約定できないケースが増えてしまったようです。確かに細かくなった分、すぐにレートが変わってしまうのでわからないでもないですが、反射神経にものを言わせてオーダーしてもあまり効果はないみたいです。もちろん指値で注文すればよい話です。
 成り行きのクローズ時は、動きがある程度ある時でもすんなり約定してしまうところが少し不思議です。

 本来はこちらのシステムの方がディーラー向きなわけで、こちらに慣れるしかありません。オーダーの出し方を少し研究してみます。

インフレが歓迎される国って?

「インフレが世界で一番歓迎されているのは日本だ。だから世界的インフレが起こっても問題ない国、日本の株式は買いだ」という記事がありました。

 インフレが歓迎される国って???

 おそらくデフレからの脱却という意味で書かれているのだとは思うのですが、インフレが歓迎されている国というのはちょっと言いすぎのような気もします。
 以前にアメリカで生活している友人に聞いたのですが、日本のように毎日のようにスーパーの安売りチラシが入ってくることはないようです。しかも1円、2円安い商品と求めて、自転車で遠くまで買いに出かけるような文化?はあまり海外ではないようですね。
 ある意味インフレに対して一番敏感な国のような気さえします。

 そもそも、CPIの上昇と景気拡大、賃金上昇などがある程度セットになっていることがインフレの条件だと思います。景気停滞、賃金変わらずの状況でのCPIの上昇はインフレというよりスタグフレーションのように思います。

 自動車の販売価格もいよいよ上がるみたいですね。この状況で値上げすることは販売台数の落ち込みに拍車をかけてしまうだけのように思いますが・・・。

 激安のレンタカー屋やバイクのレンタル店なども増えてきたようです。これからはレンタルがキーワードになるかもしれませんね。

原油高の不思議

 原油が再び高騰しています。火曜日に在庫が予想以上に多いということでいったんは下落したのですが、昨日は140ドルを突破しました。
 アブダビ会議も何の効果もなかったということに、結果的にはなってしまいました。

 しかし、よくよく考えてみると、ある程度今回のことは予想できたのかもしれません。
原油高の原因は実質的に原油が今不足しているからではありません。原油プレミアムが高すぎるから、と考えた方が良いように思います。バレル170ドル、200ドルをいずれ突破すると考える人が多いから、上昇が止まらないと考える方が自然のように思います。

 「原油プレミアムはいつはがれてしまうのか?」
かつてもプレミアムが一瞬にしてはがれてしまうことは、いろいろな投資先に発生しています。今回の原油プレミアムも些細なキッカケで一瞬のうちにはがれてしまうような気もします。
 たとえば、もっと魅力的な新しい投資先が見つかるとか、エネルギー事情に新たな発見が起こるとか?

 それがいつなのかはわかりません。それまでは昨年のような厳しい夏になるのかもしれませんね。

高給料企業の特徴

 角山さんの記事に便乗させていただきます。

安月給ではなく、高給料の会社について書かせていただきます。
私がかつて在籍していたということではなく、私の友人や取引先企業の方との飲み会の席で、愚痴をお聞きする時(なんか表現が変ですが)の内容を元に書かせていただきます。

 感覚的なものですが、高給料企業というのは大きく分けて2つに分類できるように思います。ひとつは会社の業績も良くうまく利益配分が社員に回っていて、社員の士気向上が企業の業績向上にうまく結びついているというか、
社員の能力の向上→会社の業績向上→賃金の上昇というサイクルがうまく回っている印象がある会社です。
 こういった会社は評判も良いですし、社員どおしの関係もうまくいっているみたいですね、協力関係をうまく築いて乗り切ろうとする傾向が強いようです。
 ただ、仲間意識や派閥意識が強い分、排他的な考え方も根強いようで、保守的で組織の活性化という面では少し弱いように感じます。

 もう一つは「給料が高いんだから、会社に貢献して当たり前」というような考え方が、社員にも経営者にもしみついてしまっている印象を受ける会社です。
「高い給料もらってるんだから、毎日終電まで頑張って当たり前だ」
「契約の一つも取れないで、ボーナスをもらおうと思うな」
「いつ辞めてもらってもいいんだ、君の変わりはいくらでもいる」
こんな会話が、毎日のように飛び交っているような会社です。
社員どおしの関係も、同僚というよりライバルのような関係です。
なんとなく、職場も殺伐とした感じですね。
ある意味、いつも仕事に緊張感があってよいのかもしれませんが、離職率は高いようです。

どちらが競争力のある会社なのか、これだけでは判断しかねますが、高給料にはそれなりの理由がある、ということは言えそうな気がします。

メルマガ担当

 本日のメルマガ担当です。20時頃配信の予定です。

今回は「FXはプロでも先が読みづらい、だから勝てるわけがない?」
という題目で書いています。
よろしくお願いいたします。
(ブログの左上に申し込み欄があります)

次の投資先はタンポポ?

商品投資バブルはしばらく収まりそうもありませんね。次の投資先として有望視されているのはなんとタンポポだそうです。
 日本では当然上場されていませんし、まだまだ雑草という認識しかないと思います。ところがアメリカでは次世代エネルギーとして有望視されている?ということなのでしょうか。あまりにも何でもありのような気もします。
 その昔、オランダのチューリップバブルというのがありましたが、同じ道をたどらなければ良いのですが・・・。

—————————————————-
6月16日(ブルームバーグ):商品に投資する投機家たちが最近、お気に入りの銘柄がある。それは、タンポポだ。

米ウォール街では毎日のように、タンポポの葉や花が、飼料と自動車用燃料の両方に利用できると売り込むリポートが発表されている。

かつては雑草と見なされていたタンポポの先物価格は先週、21%上昇し、1ブッシェル当たり6.76ドルに達した。これは、米ホーボーケン有機農業取引所(HOAX)でタンポポ先物の取引が開始された1月以降で最高値となる。1月15日の終値は1ブッシェル当たり99セントだった。

HOAXで取引するチップ・シグナラー氏は「タンポポ価格は10ドルに達し、その後、15ドルまで上昇するだろう」と予想。「世界の食糧確保とエネルギー価格の下落という二重の効果が期待できる投資だ」と語る。

米国の農業経営者たちは、シグナラー氏の意見は正しいと考えている。ことし、米国の農地のうち15%がタンポポ栽培に移行したと推計され、小麦や大豆などの作付面積は縮小している。タンポポは、収穫期に刈り取っておけば、ほとんど手間を掛けなくても自力で再生する。

アマルガメイテッド・バイオ・フードは、米中西部で運営するエタノール生産プラントのうち12カ所をタンポポ油の生産に転用し、タンポポの収穫期に備えている。タンポポ油はガソリンと混合される。混合燃料はガソリンの代替として提供される予定で、科学者らは、この燃料のほうがエタノールよりかなり効率性が高いと主張している。米国の複数の石油精製会社が、「ダンデリーン」と呼ばれるこの新製品の販売を2009年初めにガソリンスタンドで開始する見通しを示している。

絶え間ない需要

タンポポの需要は抑えきれないようだ。個人投資家は小麦先物取引で利益を上げ、タンポポに投資している。ドル相場の軟化に対するヘッジ手段として原油先物を購入するヘッジファンドは、原油と同様にドル建てで取引されるタンポポへの投資に移行している。

投機筋は通常、商品の引き渡し期限の前に取引を解消するため、実際に、食糧としてのタンポポやダンデリーンを必要としている農業経営者や飼料メーカー、燃料卸売業者にとって厳しい状況となる。

例えば、米南西部で牛の牧場を経営するジーク・ハイトップス氏の命運は飼料価格の動向にかかっている。同氏は、先物に投資することで勝ち目のない勝負をしていると言う。同氏は12日、ピックアップトラックからの携帯電話で「タンポポ先物10 月限を買った。以前より30%高い値段を支払ったことは分かっている。ただ、待っていれば、50%高い値段を支払うことになるだろう」と語った。

この現象は典型的なバブルのように見えるが、市場関係者はそうは考えていない。タンポポを原料とする割安な飼料が供給されれば、豊かさを増す中国の人々に割安な牛肉を提供でき、需要は拡大する一方だと、トレーダーや資産運用担当者らはみている。食糧としてのタンポポがもたらす利益は、割安な燃料であるダンデリーンが提供されることによって節約できる額とは比べ物にならないほど大きくなる可能性があると考えているのだ。

商品相場の上昇は続く

奇妙なことに、タンポポへの投資ブームは、タンポポが代替となり得る他の商品への投資意欲の後退にはつながっていない。ウォール街のアナリストらは、原油は減耗資産であり、将来、タンポポ油と混合される必要があると考えている。また、タンポポへの作付けの移行により、トウモロコシの予想収穫高が減少するため、トウモロコシ相場は上昇を続ける。

投資家らは心理的な要因で穀物や金属、原油への投資を続けている。次なる最良の投資先を求めて世界各地をめぐる投資家で、ソングライターでもあるハート・ハマーシュタイン氏は「商品相場は可能なかぎり上昇を続けるだろう」との見方を示した。(デービッド・パウリ)

(パウリ氏は、ブルームバーグ・ニュースのコラムニストです。このコラムの内容は同氏自身の見解です)
————以上 ブルームバーグ・ニュースより引用————

原油高から穀物高そして・・・

 やっとガソリン、灯油、原油の先物が少し落ち着いてきた感じですが、この度はコーンや大豆といった穀物の先物が高くなってきています。当面は物価の上昇は避けられそうにないですね。困ったものです。

 原油高や穀物高を止める手段はないのか?  ないこともないような気もします。
FRBが利下げから一転、今後継続的に利上げを実施してく姿勢を見せれば、債権に先物の資金が流れ、インフレを抑制、米ドル高とある程度良い状況が生まれるようにも思います。
 ただ、NYダウは下がるでしょうね。景気後退観測は増してしまうかもしれません。

 それでも世界的な食糧難やエネルギー難はある程度回避できるように思います。

 インフレは困る、景気後退も困る、ドル安も困ると口先介入しか今のFRBには手段が残されていないようにも思いますが、う~ん何か他の意図もあるような???

 アメリカのTVドラマ「Twenty Four」のシーズンⅤでローガンアメリカ大統領が、石油の覇権争いを正当化する場面で
「原油が1バレル100ドルを超えてみろ、大勢の国民が凍え死ぬぞ」と発言する場面があるのですが、既に1バレル100ドルを大きく超えているのですが、今年の冬は何ともなかったですね。それほどアメリカにとっては石油が政治、経済に与える影響は大きいはずです。

 どうせ、減速し始めてしまったアメリカの景気です。いっそのこと利上げに走って、インフレ抑制を第一目標に据えてもよさそうな気もするのですが。

 原油高で一番喜んでいるのはやはり中東の産油国です。
数ヶ月前に、サブプライム損失を穴埋めにするために、アブダビなどの政府系ファンドが名乗りを上げました。その後の急激な原油高。何か密約が!???

すいません、「Twenty Four」の見すぎです。

VBAの勉強について

 VBAの勉強法について質問を頂きました。
私の場合、プログラムについての勉強はVBAが最初ではなかったので、初めて勉強するにあたって、どのような書物が良いのかちょっと良く分かりません。
サイトでは以下のサイトが簡潔に使用法については説明しているように思います。
http://www.sigoto.co.jp/excel/

http://www2s.biglobe.ne.jp/~iryo/

 書店で、VBA関係の本を何冊か手に取ってみたのですが、実践的、つまり使用目的がある程度限られた計算式の反復や表、グラフなどを作ることを目的として、単発的なものの紹介にかなりのページを割かれているものが多いです。確かに会社の仕事で使う場合にはこういった形式の方がそのまま使えて役に立つと思うのですが、バックテストなどに使用する場合に役に立ちそうなサンプルプログラムはなかなか見つかりません。

 システムトレードに使うことを考えた場合、分岐とループといった考え方の基本からきちんと勉強して、プログラムの基礎をきちんと把握しておいた方が良いように思います。

 VBAに限らず、プログラムの基礎的な本や情報処理試験の入門書的なものを一度お読みになることが、意外に上達を早くさせるように思います。

円高か円安か?

 本日の日経平均は200円以上高く引けています。昨夜のNYダウはマイナス、本日のアジア株も軒並みマイナスで引けているのですが、あまり影響を受けていないようです。
 「円安予想による輸出企業の上方修正期待」ということが大きな一因にもなっているようですが、ということは市場は円安を見込んでいるということなのでしょう。

 ドル円は4月の後半から102円台から105円台のレンジで推移しています。そろそろレンジ離れがおこっても良い頃という予測の方も多いと思います。
 今年に入ってからのドル円のレンジ離れの時期を見てみますと、昨年末から年始、2月末、3月末といづれも月末から月初にかけて大きく動く傾向がありました。4月末、5月末はあまり大きな動きもなく過ぎてしまった感じです。チャート的には5月の末から6月初めにかけて、106円を超えてくると、106円から110円あたりの新しいレンジに入れたような気もするのですが・・・、それとも今回は少し遅れているのでしょうか?

 昨日はバーナンキ議長のドル安牽制発言でドルが一気に強含みました。
本日から、金曜日まで景気動向関係、雇用関係の指標発表が相次ぎます。このタイミングでドル安牽制発言を出した真意は?

 しばらく夜飲みに出かけている時間はなさそうです(笑)。

FRB議長ゲーム


「FRB議長ゲーム」

なるものがありました。
FRBの議長になったつもりで、米国の金利を上げ下げして経済のさまざまな問題を乗り切ってくというゲーム?なのですが、適当にやっていても意外と生き残れました(笑)。

 英語なのであまり詳しい内容は分かりませんが、少し米国経済に精通した気になれて面白いかもしれません。

 バーナンキ議長もこんなシュミレーションをたくさん重ねているのかも??