「英語」重視

 以前に、高等学校で「日本史」か「世界史」のどちらかを選択する必要があるのに、受験科目にないという理由で、どちらも履修せずに卒業してしまう生徒が多数いたことが社会問題になったことがありました。
 受験科目にないということで、高校時代には英語と国語あるいは英語と数学しか勉強していないという方も20代までの方には多いみたいですね。特に国立大学を希望したりしなければ、「英語だけある程度の点数が取れれば、ある程度の大学には進学できる」という考え方は学校側にも生徒側にも強いようです。
 かといって、英語がそれだけ得意なのかといわれると、そうでもないようです。
英会話やリスニングは英会話学校で改めて勉強するもの、学校で勉強する英語はあくまで受験英語で「英語パズル」化しているような感じさえします。
 実社会に出てから、社会、理科、数学などが不得意でも苦労することはないのでしょうか? 

 「来週、盛岡へ出張してくれないか」
 「盛岡って九州でしたっけ?」
 「は~??」
こんな会話や
 「小数点以下は第3位を四捨五入して、第2位まで出しておいてくれ」
 「すいません、僕、理科系じゃないんで良く分かりません」
 「ええっ、そういう問題か?」
こんな会話を会社員時代に耳にしたこともありました。

投資を始めてみたいという方でも、
・決算とかよくわからないから、株は苦手
・経済指標がよくわからないし、地理が苦手だからどこの通貨だかわからない
・数学アレルギーがあるんで、エクセルで管理するのはちょっと。
ということで、投資を始めることを躊躇してしまっている方も多いみたいですね。

 私の経験上、決して英語は得意ではないですが、英会話ができなくて困ったという経験は今まで数回しかなかったですね。
 何となく外国人が話している英語は難しい単語ばかり並んでいるようにも感じますが、中学校程度の英語知識があれば、日常会話ではさほど困ることはないようです。
 ヒアリングも一か月も英語の番組ばかり見ていれば、けっこうわかってくるものです。
 英会話は知識ではなく度胸です(笑)。

 数学、社会、理科、特に社会の勉強をおろそかにしたまま社会人になってしまうと、恥ずかしい思いをすること、損をすることが多いようにも思います。
 

FOMC&米GDP

今夜、米GDP(22:30)&FOMC(28:15)の発表があります。
米GDPは1.1%、FOMCは0.5%下げて3%にというところが大方の予想のようです。
ただ、このところ毎回そうなのですが、NYダウが0.75%の下げを期待して、このところ幾分か上昇していたとすると、実際の発表が0.5%で予想通りだとしても下げてしまう可能性もありますね。
 また22:30にGDPとADP雇用統計-1月の発表がありますので、その結果次第で、FOMCの利下げ幅の思惑から、ダウも為替も大きく動いてしまうかもしれませんね。

 米国の金利が下がることは、対米ドル通貨ペア(EURUSD,GBPUSD,USDCAD,AUDUSDなど)について、スワップ的には有利になります。もし0.75%下げるようだと、米ドル独歩安の可能性も再び否定できなくなるかもしれません。

 NYダウは上昇、原油は高騰、米ドル円は円高に向かうと日本株にとってはまた少し先行きが難しい状況にもなりそうですね。

 本日の日中の日本株の動きもそんな状況を先取りしたような動きでした。

 指標発表の結果を予想して、もしそれが当たったとしても、思惑の織り込み度から思わぬ方向に動いてしまうこともあるかもしれません。
 思惑で動いているときにその流れに乗っていくか、結果が出てから、行きすぎの修正の波に乗っかるか、そのほうがうまくいきそうに感じます。

マック店長は管理職に当たらず

「マック店長は管理職に当たらず 残業代支払い命令」
という判決が東京地裁でありました。
これはある意味凄いことになってしまう判決だと思います。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/080128/trl0801281051008-n1.htm
マックだけでも1700人もの店長がいるわけで、全員に残業代をつけたらどうなってしまうのか。
コナカでも同じような訴訟が出ていましたね。
日本の企業というのは事実上、サービス残業が当たり前で、それで企業が成り立っている側面もあります。
とにかく店長でも主任でもいいから役職をつけてしまって、むやみに残業をやらせないで、人件費を抑えるという考え方は経営者側にはあると思います。
「どうせもうすぐ辞めるし、今までの残業代を取り返そう」という人がどんどん増えてしまったらどうなるのか。役職者でも課長以下辺りは残業代をつけることを半ば義務化されてしまったら企業にとっては大打撃でしょうね。

 私もサラリーマン時代、入社当初から、あれやこれや役職をつけられてほとんど残業手当というのをもらった記憶がないですね。残業の多い女性平社員より給料が安いのが辛かったです(笑)。
 私も一つ訴訟でも・・・、残念ながら当時の記録もないですし、もう時効です!

ビッグマック指数からみたドルの適正レート

ビッグマック指数からみたドルの適正レートは79.14円という記事がありました。

[東京 25日 ロイター] ビッグマック指数で見ると、円はドルに対して大幅に過小評価されており、最近の円高はこれから始まる大幅な円の上昇の序章に過ぎないかもしれない。日本マクドナルド社(2702.Q: 株価, ニュース, レポート)によれば、東京都内で販売されているBigMacの価格は現在一律290円(税込価格、税引き前は276円)。

 他方、2008年1月現在、ニューヨークのマンハッタンでは同3.49ドル(税引き前)で販売されている。購買力平価は276を3.49で除した79.14円となる。

 ビッグマック指数は、購買力平価(Purchasing Power Parity=PPP)理論にもとづく指数の一つで、マクドナルド社が販売しているBigMacの価格で各国の購買力を比較したものだ。英国の経済誌エコノミスト(The Economist)が発表したものが起源。

—–以上 引用——
購買力平価という考え方が、今の時代にあっているのかどうか、という議論は別にしても、
仮に1ドル80円程度でドル円レートが安定してしまったらどうなるのか、
非常に興味深いところだと思います。

1ドル80円だと、ユーロは117円、豪ドルは70円程度でしょうか。
金利差が変わらず、スワップが今の水準を維持できれば、
そこまで下がったら、全力で買いに行くFX投資家も多いのではないでしょうか?

このまま米国の景気の衰退感が強まれば、1ドル100円割れもあるのかもしれません。
ただ、米ドル独歩安なのか、クロス円も下げるのかは、時期的なずれの問題もあって一概に言えませんが、100円われのような水準になれば、ドル円、クロス円ともにかなり買い支えられる力が大きくなりそうです。

となれば、100円割れはあってもそう長くは続かない。1ドル80円は難しいかもしれません。

 米国の金利が日本と同じ程度まで落ちてしまえば、ひょっとしたらあるのかもしれませんが・・。

損切りの意味

 土屋先生、フリーパパさん、そして斉藤さん!、損切りについてのご説明ありがとうございます。
 土屋先生のおっしゃることは理解できるんですが、私の損切りという言葉の解釈が間違っていたのかもしれません。

 私がポジションをとる場合、エントリー前にクローズ時期、ストップ値をつけてオーダーを出すことがほとんどです。(IFD OCO注文)このストップ設定、日経225先物の場合の逆指値注文は損切りではなく、予定クローズということになるのでしょう。
 
 損切り=含み損の出ている証券を売却して損失を確定すること。(All about 用語集より)
 (証券を指すんですか?ということは為替や先物では使わない?)
 
 「損切りというのは損失を抑えるための裁量的な行為で、予定されているマイナス値幅到達のクローズは損切りではない。」

 私はマイナス到達ポイントを設定して、そこに達するものを損切りととらえていました。
つまり、ポジションを取ってから思わぬ方向に相場が動いて、「そろそろポジションを閉じないと資金的にまずいんじゃないか、回復の見込みはないんじゃないか」と考えて裁量でポジションをクローズすることは、ロスカットあるいは’損切られ’?なんて読んでいました。
 損切りはあくまで自発的、積極的なもの、後者の裁量的な行為は消極的なものととらえていました。
 損切りは良い意味として解釈していました。
 私の解釈が間違っていたのかもしれませんね。
 損切り、ストップ、逆指値、ロスカットと似ているようで少しずつ違うんですね。
 いろいろな本でもレポートでも混同された使い方が多いようにも思います。

 そういう意味で言いますと、皆さんの言う損切りは私はほとんど行いません。

 予定されたストップ到達は予定確率を大きく超えなければ、さほど気にはなりません。
逆にあまりストップにかからない方が、大きなしっぺ返しが来そうで怖い気さえします(笑)。

 私のトレード先はFX、日経225先物、商品先物です。現物株はもう5年以上取引していません。そういった意味でも皆さんと市場も考え方もかなり違うようにも思います。
 特に商品先物のガソリンや灯油などはストップをつけないでポジションを持つことは、私にとってブレーキの利かない車にのることと同じです。
 そういう意識が強すぎるので、損切りが嫌われることに我慢できなかったのだと思います(笑)。

 いろいろお騒がせしてすいませんでした。

システム的トレードには損切りは必要

 決して土屋先生に反対意見をするわけではないのですが、
「システムトレードに損切りは必要ではない」というのは少し言いすぎではないかなと思います。
いちのみや先生の意見に賛成です。

 「なぜシステムトレードに損切りは必要ないのか」土屋先生のブログの文章から、残念ながら、私の低い読解力ではきちんと理解することはできませんでした。
 スリッページの件について、たとえば日経225先物では私の運用経験上、15000円で買って、ストップを14900円成り行きに設定すれば、14900円で約定することが4割、14895円で約定することが4割、14905円で約定することが1割、14890円で約定することが1割程度のように思います。バックテストはストップ14900円の場合、実際の計算は14895円で行います。この点についてはさほど問題が出るようにも思えないのですが。
 将来への再現性についても、勝率と損切り設定の値から、ドローダウンの設定などについては、損切りをつけた方法のほうが再現性が高くなるようにさえ思えます。

 2007年の私の日経225先物の運用結果では損切りをつけないモデルでは、7月までは順調で8月に一気に成績を落とし、年末まで損失をカバーしきれないものがいくつもありました。
 ところがそのモデルと同じ売買サインで、損切りを付けたものはほぼ予定通りの成績が出ていました。システムの作り方に問題があると言われてしまえばそれまでですが。
 なんとなく損切りをつけたモデルはオプションの買い的感覚、損切りなしのモデルはオプションの売り的感覚になるようにも思います。確かに資金が十分に確保できれば、オプションの売りの方が有利ではあります。

 「システムトレードを行う上で、統計分析上導き出される必要トレードをこなせるだけの資金量があることは大前提で、その前提がクリアできないものはシステムトレードとは言えない」という考え方はあると思います。
 プロの目からすれば「少ない資金量できちんとした分析もせずにテクニカルの簡単なサインだけを元に、売買を繰り返すだけのトレードはシステムトレードではない」と見えてしまうのも仕方ないのかもしれません。

 ただ、新規参入の個人投資家の多くの方は100万円以下の資金量で頑張っています。プロが行うシステムトレードを実現できる方はそれほど多くないように思います。
 損切りを付けなければ、100万円程度の資金は特に先物などの場合あっという間になくなってしまいます。
 個人投資家が行うシステム的!トレードにはぜひ損切りをつけた方がよいように思います。

バックテストの検証期間(1)

 バックテストの検証期間について、一般的には10年から20年は必要と書かれているものが多いようです。
 20年間、勝率、利益率、PF、シャープレシオなど基準値をクリアして有効に機能するだろうモデルを探すのはかなり大変な作業ではないでしょうか。

 20年間もの間、有効に機能したものは一般的には信頼性がかなり高いと考えられるようですが、逆に公約数的な要素が高すぎて、あまり高いパフォーマンスは期待できない、ということになってしまいはしないのでしょうか。
 20年間、及第点として有効なモデルと最近の5年間、かなり優秀な成績を残したモデルでは、これからどちらが有効に機能する確率が高いのでしょうか。
 これは数学的にはということではなく、正規分布しているのかしていないのかよくわからない相場の見方としての問題ですが・・・。

 もちろん、いろいろな考え方があると思います。一つの考え方として参考にして下さい。

私はFXのバックテストは2000年以降しかやっていません。2000年以前のデータとかなり動き方やボラティリティが違うからです。

 もともと、バックテストの結果にそれほど信頼を持っている方でもないのですが・・・。
続く。

システムトレード運用の壁(2)

 個人でシステムトレードを行う場合、基本的にはシステムを考える人、資金を出す人、運用する人は同じ人になります。
 このことによって、システムトレードの優位性、つまり客観的なサインに基づいて運用されることによる、個人の主観(感情)の排除という点が失われてしまうことがあります。
 つまり、感情的にもっと儲けたいがために途中でルールを変更したり、損失を抑えたいがために途中で勝手に運用を中止してしまうことも起こりえます。

 解決策として、システムを考える人、資金を出す人、運用する人を別々にできれば一番良いのでしょう、しかし一個人の場合はなかなかそうもいきません。頑張ってJavaを使って完全自動売買プログラムを組んで、コンピュータに任せ切れにできれば、少しは解決できそうですが、それでもまるっきり運用結果を気にかけないようにするには勇気がいります。

 システムトレードをはじめるにあたってまず必要なことは、
「きちんと運用する練習をする」ということなのかもしれません。
半年から1年程度、非常に少ないトレード量、(1万通貨単位とか、日経225先物ミニ1枚程度)で、とにかく損益は無視してルールどおり忠実に運用することを心がける。
このことによって、システム運用者と資金提供者をある程度実質的には分離することができるように思います。

システムトレードで利益を上げるには、まずきちんと運用する練習を行ってからの方が、遠回りのようで意外と近道かもしれません。

システムトレード運用の壁(1)

 最近、システムトレードを始めた、あるいはは始めていた?(一度始めたが今はやめてしまった)という方数人ととお話をする機会や、メールでやり取りすることがあり、あることに気が付きました。
 自分のイメージの中では、システムトレードを運用する上、あるいは始める上で”壁”となっていることは、運用するご本人がある程度有効だと考えるルール作りがうまくできない、バックテストを行う上で、エクセルをうまく使うことができないというようなことだと考えていました。ところが少し違ったようです。

 「ルールどおりに運用できない」という理由がかなり多かったです。
その理由はいくつかあって、

1.寄付きで仕掛ける、引けで手仕舞うなどのサインが出ても、物理的な理由(仕事が忙しくて注文を出すのを忘れた、朝寝坊して注文を出せなかったなど)、心理的な理由(今朝読んだブログで、まだまだ上がると書いていあったので、仕切りづらくなってしまたなど)
こういった理由で、売買がサイン通りにきちんと行えない。

2.運用している途中で、負けトレードが何回か続くと、損切りありのトレードの損切りをやめてしまったり、買いサインが出ているのに自分の裁量で見送ってしまったりする。

3.実際に運用をしているモデルと、バーチャルで運用中のものがある時、バーチャルで運用中のもの方が運用成績が良くなるとすぐチェンジしてしまう。

というようなことでした。
ルールどおりに運用できないと、バックテストの再現性がどの程度あったのか、そのシステムは有効であったのかさえもよくわかりません。

しかし、実はこのあたりが一番大きな問題なのかもしれません。
続く、

差別化できないサービス業

 昨日から都内のタクシーは全面的に禁煙になったみたいですね。私は喫煙者ではないのですが、どうなんでしょうか?
 最近、煙草を吸う方は喫煙できる場所が少なくなって、肩身の狭い思いをしている方も多いようです。「唯一、一人で心おきなく喫煙できる場所」と、タクシーの中を考えている方も多いようで、少し気の毒な気もします。
 喫煙タクシーと禁煙タクシーを作るというすみわけはできなかったのでしょうか?

 昨年の12月には値上げがされました。規制緩和が進む中で、一律値上げをしなければならない理由もないように思うのですが、タクシー会社によって、運賃の差別化やサービスの差別化で競争した方が業界全体の活性化にもつながるようにも感じます。
 軽自動車専門のタクシー会社で初乗りは300円、なんて会社が出てきてもよさそうに思うのですが、そういったことは難しい業界ののでしょうか?

 私自身はそれほどタクシーに乗る方ではないのですが、乗る時はだいたい疲れて眠い時や、酔っているときが多いです。なので運転手が話しかけないでくれるサービス、なんて個人的にはうれしいです(笑)。