イオン銀行の誕生

 最近、イオン銀行が誕生しました。買い物のついでに銀行手続きもできるメリットは特に主婦にとっては大きいのではないでしょうか。

 私の場合、ほとんど3大メガバンク(三菱UFJ、三井住友、みずほ銀行)は利用していません。振り込みや入金などはほとんどネットで済ませてしまいます。
 やもうえず銀行へ行く時、メガバンクの混雑ぶりにはいつも気が重くなってしまいます。
多少手数料はかかっても、近くの信用金庫で済ませたり、現金を下ろすだけだったらコンビニで済ませてしまうことも多いですね。

 改めて考え直すと、利用者が多い割にはメガバンクのメリットは薄いようにも思います。
これからイオン銀行やセブン銀行、それにネットバンクなどがどんどんサービスを充実させていったら、メガバンクから離れてしまう顧客も増えてしまうのではないでしょうか。

 それからもうひとつ、三菱UFJがサブプライム関連の損失がかなり増えたという訂正発表をしました。メリルリンチと同じような感じですね。実はMSもかなりの損失があるとか??
 佐藤金融庁長官の「国内金融機関のサブプライム損失、相対的に限定されている金融機関のサブプライム損失、各社自身でマネージできる範囲金融システムに深刻な影響を及ぼす状況にないとの認識に変わりない」
 という発言が、必死になって火消しをしているようで、余計に怪しくなってしまいます。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【12月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【12月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【12月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する