マイナー通貨の取引

最近ではずいぶんと取引できる通貨ペアが増えました。
トルコリラ、ノルウエークローネ、ポーランドズロチ、チェココルナ、メキシコペソなどなど。
国の名前ぐらいは知っていてもほとんどなじみのない通貨ばかりです。
ただ、トルコリラは1リラ98円程度で、スワップ金利が1日1万リラあたり400円もつくんですね。
10万リラ持っているだけで、月に12万円のスワップです。(お勧めしているわけではありませんよ)

中でも人気なのはやはり南アフリカランドでしょうね。金利はどんどん上がっていくのでスワップは高いし、下がってもすぐに回復すると考えている方が多いようです。
 
 南アフリカの現状を伝えるニュースは非常に少ないのですが、海外のニュースやインターネットで検索していると、残念ながら「まだまだ何が起こっても不思議ではない国」という印象は消えませんね。
 相変わらずかなり貧富の差が激しく、誘拐や強盗事件の件数はかなり多いようです。
近年は隣国からの不法入国や難民の流入が多く、より一層治安を悪化させているようです。サッカーのワールドカップは本当に開けるのでしょうか?
という理由で私はまだ南アフリカランドの取引をしたことはありません。

 以前に酒匂塾長にお会いした時にこんなことを話していたことが印象に残っています。
「私はドル円とユーロ円、それにユーロドルしか取引しない。詳しい国の現状がわからない国の通貨なんて取引するべきではない」
 確かにニュージーランドやカナダなどでもそれほどその国の情報は入ってきません。
タイやアルゼンチンのようなことが突然起こっても、その兆候はつかみにくいのかもしれませんね。