戦いとは、常に2手3手先を読んで行うものだよ

 今夜のFOMCは今のところ0.25%の利下げということが一応のコンセンサスのようです。
先週までは0.5%か0.25%という見方が強かったようですが、直前になって0.25%、場合によってはなしという見方が強くなっています。これはある程度0.5%を織り込んで進んできた、株高、ドル安、欧州、資源通貨高の流れに影響が出る可能性を示唆しています。
 
 つまり、利下げが0.25%行われても、その後のFOMCの声明で今後の利下げ継続を匂わす発言が出なければ、流れは変わってしまうかもしれません。
 株安→ドル高→欧州、資源通貨安 という動きが出てきてしまう可能性もあります。
 NYダウももう一段の上昇を狙うには0.25%の利下げだけでは少し材料不足の感じですし、
ユーロや資源通貨(豪ドル、カナダドル)などももう一段の上昇には、もう少し材料が欲しいところです。

 0.5%の利下げがもし行われてしまえば、話は違います。しばらく株高、ドル安、欧州、資源通貨高の動きは続くと思います。ただ、原油高、インフレ懸念という状況を放置するかたちになるので、また難しい問題がでてきそうです。

 もし利下げが行われなかったら・・、これは言うまでもないと思います。

「戦いとは、常に2手3手先を読んで行うものだよ」言わずと知れた、ガンダムのシャア アズナブルの名セリフです。
 市場の関心は既に次回のFOMC、あるいは年末の資金供給問題まで行くっているのかもしれません。