政府系ファンドの動向

政府系ファンド、俗にロシアネーム、チャイナネーム、シンガポールネーム、中東ネームなどと呼ばれているものが多いようですが、これらの活動がまた最近活発になってきているようです。
 政府系ファンドは開示義務がないため、その動向が非常につかみづらいです。ある意味ヘッジファンドなどより不気味な存在のような気がします。
 特に取引量が薄くなるところを狙ってくる傾向があるようで、朝、7時から9時くらいまで、お昼休みの12時から13時、15時から17時あたりに一気に仕掛けてくるようですね。
昨日も昼休みの時間帯にチャイナネームらしきところが、仕掛けてきたようです。
 最近の狙いは、一気に円買いを入れて、レジスタンスをブレイクしてオプションやストップを巻き込みながら下落速度を加速させて、下がりきったところを買い戻す作戦のようですね。短時間勝負で動いているように思います。
 もう一つは、サブプライムがらみのファンドの破綻の情報や投資銀行の巨額損失情報に便乗するケースも多いようです。
 この動きに個人投資家もうまく乗れれば、おいしい利益が得られそうですが、動きが早いのでなかなか簡単には行かないようです。
 一次的な揺さぶりも加速度がついてしまうとトレンドに変わってしまうこともあるので、要注意ですね。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する