IMMのポジションから

9/25付けのIMMのポジションを見ますと、ユーロのロングポジションが今年7月前半以前のレベルまで回復してきているのがわかります。
 ところが円のショートポジションは7月前半のレベルの1/3もありません。ロング、ショートともに減少を続けている状況です。
 実際のレートではユーロ、豪ドル、ニュージーランドドル、カナダドルなどを中心に円安が進んでいるような印象ですが、投機筋の注目は円売りではなくユーロドルのロングに集まっているのかもしれません。
 
 一方外為どっとコムの個人投資家売買比率を見てみますとユーロドルのショートポジションが95%を超えています。またドル円のロングが91.6%、ドルスイスフランのロングが
99.4%となっています。これはドルの底固め、あるいは反転を予想してのポジション取りということなのでしょうか。
 確かに来週あたりから、ISM非製造業景況指数や9月米雇用統計の改善が見込まれて、ドル反発の予想は出ています。ユーロに関しても、利上げ予想から現状維持に見方が変わって来ていることもありますので、個人投資家のポジションは来週のトレンドを先取りしているとも言えなくはないのですが・・・。
 私はまだユーロドルを積極的に売ろうという気にはなれません。
為替は日本の個別株とは違ってトレンドフォローの傾向が強いということからも、もしユーロドルのショートを持つのなら、反転傾向が鮮明に表れてからでも遅くはないように思います。
 
 というより個人的な話ですが、春先にポンド円ショートのポジションを取りすぎて失敗しているからかもしれませんが(笑)。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する