IMMのポジションから

9/25付けのIMMのポジションを見ますと、ユーロのロングポジションが今年7月前半以前のレベルまで回復してきているのがわかります。
 ところが円のショートポジションは7月前半のレベルの1/3もありません。ロング、ショートともに減少を続けている状況です。
 実際のレートではユーロ、豪ドル、ニュージーランドドル、カナダドルなどを中心に円安が進んでいるような印象ですが、投機筋の注目は円売りではなくユーロドルのロングに集まっているのかもしれません。
 
 一方外為どっとコムの個人投資家売買比率を見てみますとユーロドルのショートポジションが95%を超えています。またドル円のロングが91.6%、ドルスイスフランのロングが
99.4%となっています。これはドルの底固め、あるいは反転を予想してのポジション取りということなのでしょうか。
 確かに来週あたりから、ISM非製造業景況指数や9月米雇用統計の改善が見込まれて、ドル反発の予想は出ています。ユーロに関しても、利上げ予想から現状維持に見方が変わって来ていることもありますので、個人投資家のポジションは来週のトレンドを先取りしているとも言えなくはないのですが・・・。
 私はまだユーロドルを積極的に売ろうという気にはなれません。
為替は日本の個別株とは違ってトレンドフォローの傾向が強いということからも、もしユーロドルのショートを持つのなら、反転傾向が鮮明に表れてからでも遅くはないように思います。
 
 というより個人的な話ですが、春先にポンド円ショートのポジションを取りすぎて失敗しているからかもしれませんが(笑)。