荒れる相場

 FXも日経225先物もボラがだいぶ大きくなってきましたね。
こうなるとシステムのサインも機能しずらくなりますし、デイトレの仕掛けパターンもダマシが出てきます。
 今朝もGBPJPYでNY市場の終値から1円近く6時半までに下落したので、これはチャンスとばかりにドサッとロングを仕掛けたのですが、まんまと裏切られました。このところGAPの成功率は高かったでけに残念ですね。
 相場が荒れてくるとどうしても意図的に動かそうとする人たちが増えてきます。そうなるとチャートパターンは機能しなくなり、システムもサインがおかしくなるのは仕方ないのかもしれません。
 当面のレジスタンスも破ろうと動きが活発になります。チャートの動きを見ていますと、仕掛け的に動いてきてるなとわかる時もあります。
 レジスタンスが破られるかどうかは五分五分といったところなので、底値を狙ったロングも一段の下げを狙ったショートも仕掛けずらいところですね。

 ところでことの発端のサブプライム問題なのですが、やはりモーゲージファンドはどこもかなりやられたようですね。ベアースターンズのファンドはほとんど全滅だったみたいです。
 こうなると、サブプライム問題はなかなか落ち着きそうもないです。
いろいろな情報に振り回されてしまいそうな感じなので、しばらく荒れた状態が続くかもしれません。ショートを仕掛けても難しいように思います。

 こんな時には一時退却するしかないのかもしれませんね。黄金の山が眠っている相場にも見えるのですが、トラップもたくさん隠れています。