貿易相手国で見る通貨

 確か先月だと思いましたが、日本の輸出相手国の1位が米国から中国へ変わりました。
これで輸入、輸出ともに貿易相手国の1位が中国ということになります。
 1990年頃と比べますと、大分貿易の相手国も変化しています。
米国も1990年には輸出で3割占めていたシェアが2006年には2割に、輸入で2割占めていたシェアが2006年には1割に落ちています。同様にオーストラリアやカナダなどもシェアが減ってきています。
 ヨーロッパ勢としてはドイツが1990年は輸出相手国として、2位だったのですが2006年では7位でシェアも3%程度まで落ちています。これではユーロ円がいくら上がっても、経済に及ぼす影響は実質的には小さいのではないでしょうか。
 逆に中国を筆頭に韓国、台湾、香港などのアジア勢のシェアや順位がどんどん上がっています。
 日本の経済状況を考える上では、米ドル円、ユーロ円などよりもアジア通貨の対円レートやアジア各国の株価の影響のほうが、実質的には大きくなってきているのかもしれませんね。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する