スプレッドを考える

スプレッド(ビッドとアスクの差、買値と売値の差)はポンド円の場合、8銭から10銭程度あります。ポンド円でスキャルピングという細かい差益を何回も狙う手法を使った場合、
一ヶ月に結果的には平均してしまうと、1.5円程度の利益、つまり1万通貨単位であれば、1万5千円程度の利益になってしまう事が多いです。
 一日3回トレードして、一ヶ月21日計算すると、63回、10銭のスプレッドであれば、6円30銭、1万通貨単位で6万3千円も手数料として取引会社に払っていることになります。
 つまり、月給7万8千円で6万3千円も税金を払っているような計算です。税率80%。なんとなくむなしくなってきます。
 日経225先物の場合、一枚あたりの手数料はだいたい1050円です。平均月20万円の利益として、1日一回のトレードで手数料は月22,050円。だいたい税率10%と言った所ですね。これだったらさほど気にならないです。
 もし、ポンド円のスプレッドが2銭であったなら、つきの手数料は1円26銭、1万通貨単位で、1万2600円です。同じように稼げれば、7万8千円で税金は1万2600円というような計算ですので利益は6万5400円、税率は16%程度と言う事になりますね。これぐらいだったら非常に嬉しいですね。
 細かい数字ばかり並んでしまってすいません。要は手数料無料と言う割りに、FXではスプレッドという手数料がしっかりあって、日経225先物などと比べてしまうと、まだまだ高いんじゃないかなという話です。
 ちなみにプロのスプレッドは0らしいです。稼げて当たり前??