NYダウ、CME関係なし

最近、NYダウが最高値を更新しても、日経平均はお構いなしと言った感じですね。NYダウが上昇すると、高値で寄り付いて、少しずつ下げていくという現象も最近あまり見られなくなってしまったように思います。CMEも17500円台で終了しても関係なしと言った感じですね。相関性や連動性が薄れてきているようです。
当然、CMEとの乖離を利用したシステムも機能しなくなってきています。後場の寄付きで大きく下げる事も多いので、油断できないですよね。
 現物株のことはよくわからないのですが、少し値を戻すと大量に売り注文が出ているようにも思います。この現象が収まらない限り、18000円台にはなかなか行かないんでしょうね。しばらく仕掛けづらい日経の相場が続きそうです。