損切のレート

損切のレートはどのぐらい幅を持たせればよいのか?これは良く受ける質問です。
まず考え方としていくつかあると思います。

1.システムトレードのルールのひとつとして、バックテストから最適な値を割り出す。
2.トレード期間にあわせて、過去一週間や一ヶ月などの間レジスタンスとなっているレートの少し下、(ショートの場合は少し上)に置く。
3.最近のボラティリティを計算し、最大値の7割あるいは平均値の1.3倍あたりを目安とする。
4.資金管理の側面から、ワントレード5%(あるいは3%)以内に抑えるように調節する。

 当然デイトレなのか中期スイングなのかなどの期間によっても変わりますし、通過ペアによっても変わります。
 難しい事を考えずおおよその目安としては、デイトレから短期スイングの場合、
ドル円:1円
ユーロ円1.3円
ポンド円1.7円
豪ドル円0.8円
あたりのレート幅になりそうです。(私はもう少しきつめです)

 問題は損切にかかりすぎても困りますし、一度かかると損失が大きくなりすぎても困りってしまうということです。ポジションサイズとトレーダーの精神的損失許容範囲にもよるように思います。
 こればかりは自分なりにいろいろ試して行くより答えは出ないようにも思います。