急落時の有効策

2月下旬から3月初旬にかけてのような急落時に有効な対策は、と聞かれることがあるのですが一般的で申し訳ないのですが、やはり損切りを予めつけておくということが有効のような気がします。
 この予めと言うのがポイントで、私はオーダーを出すときに必ずセットでストップも入れることにしています。もう習慣化してしまっていまが、これが大切なように思います。
「下がりだしたら切ればいい」と考える方は多いと思いますが、どうも下がってからではいろいろ考えてしまって切るタイミングがつかめず、ズルズルいってしまう事が多いように思います。
「損切りを付けたら、損切にかかってから元に戻る事が多いからやめた」こういう意見も良く聞きます。5回のうち4回程度はそうなるように思います。
 ただ、あとの一回が致命傷から救ってくれる。そのように考えてストップをつけるようにしています。またストップをつける事によって、ワントレードの損失額をきちんと計算でき、トレード計画が立てられます。

「両建てにして対処した方が良いのではないか」という意見も耳にしますが、これも賛否両論で私は逆にはずし方が難しくなってしまい、よほど経験を積まないとうまく行かないように思います。

「損切りのレートはどのぐらいにしたら良いのか」これはまたちょっと難しいです。
また次回に。