読んでおきたい本

まずはファンダメンタルズ関係の本なんですが、なぜかファンダメンタルズ入門的な題名が付いた本って
ないんですよね(あったらゴメンナサイ)。

 投資スタイルでファンダメンタルズの解釈がかなり違うようにも思うのですが、ベーシックな部分と中長期投資を考えておられるかたなら、まず藤巻健史氏の本を一読される事をお勧めします。
 「実践・金融マーケット集中講義(上)(下)」
これはかなりお勧めです。金融や為替の仕組みがかなり詳しく書かれていて、理解できれば為替の大きな流れがつかめるようになると思います。
 ただはっきり言って難しいです。いきなり読んでも挫折する方が多いと思います。
最初は「外資の常識 」「1ドル200円で日本経済の夜は明ける」あたりから読まれた方がよいと思います。

 短期トレードを主体に考えておられる方は今井雅人氏の「外国為替トレード勝利の方程式」が良いように思います。トレンドフォロー的なやり方がつかめると思います。

 テクニカル分析系の本は新井邦宏氏、伊藤智洋氏、川口一晃氏などが書いています本なら問題ないように思います。

 実際のプロトレーダーの取引現場を知りたいのであれば幸田真音氏の「小節ヘッジファンド」あたりから読まれるとよいと思います。
 なんだかどんどん推薦図書が増えてしまいました。また機会を見てご紹介しますね。