平均ボラティリテイと手数料

平均ボラテリティ、つまり一日の間の最高値と最安値の差はどの程度あるかの一ヶ月、一年の平均を考えます。
 為替の場合通貨ペアによってもかなり差があるのですが、クロス円であれば一般的に金額が上がればボラティリティもあがる傾向にあります。ポンド円と豪ドル円などの例が一番分かりやすいと思います。
 一日のボラティリティを見た場合、この数値が大きい方が収益機会が多いことになります。(もっとも損失機会も増えますが)ただここで問題のなるのが、手数料です。ドル円の場合、スプレッドが4銭程度ですが、ポンド円の場合9銭程度。この数値だけを見ると大した事なさそうですが、特にデイトレの場合、1年間のトレードを通してみると意外にあとでこの差がひびいてきます。
 
 日経225先物の手数料が最近また安きなってきています。デイトレで利益を出そうと考えるとこれはかなり年間損益に影響します。

 日経225先物や商品先物と比べてしまいますと、為替の場合まだまだ一日のボラティリティに対するスプレッド(手数料)がまだ少し高いように思います。
 このような理由から、私の場合、システムデイトレは為替ではなく、日経225先物や商品先物でやる機会が多いです。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する