ブレイクアウト

 USDJPYは先週の金曜日、昨年の最高値119.87円をブレイクして久しぶりに120円台に突入しました。GBPJPYも最近の節目と考えられていた235円をブレイクすることに成功しました。
 通常は堅い壁をブレイクアウトした後は、しばらくそのトレンドが継続するのですが、今回はどうでしょうか?
 システムトレードのモデルとして検証した場合、一昨年はブレイクアウトモデルがかなり良い成績を収めていたのですが、昨年はあまりふるいませんでした。モデルの成績はある程度持続する傾向があります。そういった意味でも今回のブレイクアウトが成功するか、それとも失速してしまうかは、今年のブレイクアウトモデルの良し悪しを占う上でも、大きな意味があるように思います。

 米国は発表される指標が少しずつ上向いているようですし、英国はサプライズ的な利上げを発表したばかりです。
 感触としてはなかなか良いものがあるようにも思うのですが、どうでしょうか?