次の仕掛けはちょっと様子見

先週後半は昨年までの円安基調が一変、一気に円高基調に変わりました。
前回もお伝えしましたように、これはある程度想定内の動きだったように思います。
理由はファンドの損失穴埋めのための円のキャリートレード解消、ゴールド先物の急落といろいろ言われていますが、理由はあまり気にせず、テクニカル的な調整と見ても良いように思います。

 さて、今後の展開ですが、クロス円の売りで仕掛けた方は一旦利確、あるいはストップロスをきつめに設定、半分だけ利確でもよいと思います。私は一旦利確しました。
 と言いますのは、先週金曜の夜間あたりから下げ止まり的な動きが若干出てきています。
一度落ち着いてから、再び下落するか、または反発するかの展開を見せそうです。

 確率的には欧州通貨は再び上昇、オセアニア通貨は再び下落、アメリカ系通貨は膠着となる可能性が高いようにも思いますが、きちんとその傾向をつかんでから仕掛けても遅くはないと思います。しばらくはっきりしない展開が続く、あるいは引き続き下落してしまうかもしれませんが、その時は焦らず次の機会を待ちましょう。
 
 焦って仕掛けなおすとろくな事はありません(経験則からです)。