シストレスタンス

商品先物のシストレもやっているのですが、最近会話の中でふと気づいたことがあります。

知人「商品先物もやってるんだって?」
私 「ええ、やってますよ」
知人「石油関係が一時期もの凄く高騰していたけど、最近はどうなの?」
私 「う~ん、以前ほどでは」
知人「金とかプラチナもけっこう上がった時期があったよね。あの時は結構儲かったでしょう?」
私 「いや~、それ程でも。」
知人「本当に商品先物やってるんだよね?」
私 「ええ、まあ」

別にわざと曖昧な返事をしているわけではないのですが、
商品は完全デイトレのシストレでやっているので、本当に今上がっているのか下がっているのかさえ分からないわけです。
オマケに高騰したから、利益がたくさん出たかというと、それもあまり関係ないです。

毎日の4本値もただのデータとしか見ていないので、相場のファンダの部分は全く分からないですね。相場レポートみたいなものも全く読んでいませんし。

日経225も同じスタンスでやってます。
「最近 株が上がってるから調子いいでしょ」
と言われても、
「はあ、そうですね」
と言う気の抜けた返事になってしまい、聞いたほうは期待はずれのようです。

こんなことでよいのかどうかはさておきまして、完全システムトレーダーは相場の話に加われない投資家です。

相場の話ができるのはやっぱり為替ぐらいでしょうか。
やはりちょっと寂しいですね。