日産に見る日本の景気の先行き

ゴーン効果で大規模な改革を成し遂げて、建て直しが成功した日産でしたが、今年は今ひとつパットしないようです。
 原因に関しては「昨年、新車をたくさん出しすぎた」「車種のラインナップがコンパクトカーに偏り過ぎた」などいろいろ上げられるようですが、その中でも「リストラ効果が薄れてきた」という理由も大きいと思います。
 自動車業界は大きな成長を見込める産業でもありません。国内ではトヨタ、ホンダといった強敵との戦いと所詮はシェアの取り合いになってしまいます。
 早い時期に率先してリストラを進めてき日産でしたが、そろそろリストラする部分も少なくなり打ち止め感も強いように思います。

 いざなぎ景気を抜く戦後最長の景気拡大と言われる今日この頃ですが、その原因は何でしょうか?
 いろいろ言われてはいますが、やはり日産のようにリストラ効果と中国特需が大きいように思います。中国特需については最近上海のように日本企業の締め出しの動きが少し出てきています。
 「技術と経営ノウハウさえわかればあとは中国ですべてやります」
と考えて行くのは自然な流れのようにも思います。
 
 来年前半あたりが今回の景気拡大の終点と考えているのは、私だけでしょうか。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する