日銀の景気判断

日経のネット新聞に「景気回復、地方に広がり・日銀支店長会議」と言う記事がありました。日銀短観もそうなのですが、どうも自分の身近に感じるものと違和感を感じてしまいます。
 基本的に大企業を中心とした調査と言う事もあると思いますが、同じ大企業でもソニーや日産のようにあまり良い結果が出ていない企業もあります。
 地方に広がりと言う事ですが、地方と言っても本当にローカルな場所ではなく、札幌や福岡などの地方の大都市をさしているようです。
 もっと的確に伝えようとするなら
「一部の勝ち組と言われる大企業や、東京や地方の大都市では好景気が拡大している」
という表現の方が良いようにも感じます(ちょっと皮肉混じりですね)。

 NYダウの上昇に支えられて、なんとか16000円代をキープしている日経平均株価ですが、
そろそろ?ではないでしょうか。
 景気判断は日銀より投資家のほうが正しいように感じます。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【7月11日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【7月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【7月18日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する