日銀の景気判断

日経のネット新聞に「景気回復、地方に広がり・日銀支店長会議」と言う記事がありました。日銀短観もそうなのですが、どうも自分の身近に感じるものと違和感を感じてしまいます。
 基本的に大企業を中心とした調査と言う事もあると思いますが、同じ大企業でもソニーや日産のようにあまり良い結果が出ていない企業もあります。
 地方に広がりと言う事ですが、地方と言っても本当にローカルな場所ではなく、札幌や福岡などの地方の大都市をさしているようです。
 もっと的確に伝えようとするなら
「一部の勝ち組と言われる大企業や、東京や地方の大都市では好景気が拡大している」
という表現の方が良いようにも感じます(ちょっと皮肉混じりですね)。

 NYダウの上昇に支えられて、なんとか16000円代をキープしている日経平均株価ですが、
そろそろ?ではないでしょうか。
 景気判断は日銀より投資家のほうが正しいように感じます。