システムトレーダーはチーム監督

野球やサッカーなどの監督は、基本的にフィールド内で自分がプレーすることはできません。(ヤクルトの古田監督は例外ですが)
 試合前に先発メンバーとポジションを決め、相手の戦力を分析し作戦を立て、各選手にその作戦を伝達する。試合が始まってしまったら、あとは選手たちを信頼して見守るしかありません。このあたりがシステムトレーダーとよく似ているなと感じます。
 基本的にシステムトレーダーが考え、手を下せるのはオーダーを出すまでです。あとは自分の決めたルールに基づいた仕切りの条件が満たされるまで、戦況を見守るしかありません。
 これは慣れないうちは非常に歯がゆい物です。どうしても見ていられなくなって、薄利で仕切ったり、損切りラインを変更したくなったりしてしまいます。
 
 それでも、監督はゲームでプレイしてはいけません。ゲームが始まってプレイしたければプレーヤーにならなければいけません。そして、プレーヤーとして相手に勝ちたければ、プレーヤーとしての能力を高めなければならず、監督の能力とは別のものになってしまいます。
 当たり前の事を言っているだけなのですが、実はこのあたりが結構難しかったりもします。
 自分が監督なのかプレーヤーなのか、システムトレーダーなのか裁量トレーダーなのか、その辺を自己確認してゲームに望む事が大切なようにも感じます。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【7月11日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【7月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【7月18日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する