インデックスに勝てない

     USD EUR GBP AUD NZD CAD
10/13 119.64 149.69 222.02 89.86 78.64 105.15
2006 117.75 139.52 202.86 86.3 80.23 101.23
2005 102.79 139.52 202.89 80.09 74.08 85.56
2004 107.01 135.04 191.3 80.55 69.68 82.68
2003 118.79 124.59 191.07 66.67 62.38 76.36
2002 131.29 117.06 191.41 67.06 54.51 82.54
2001 114.38 107.07 170.88 63.94 50.57 73.38

これは2001年から2006年までのクロス円、年初値を羅列した物です。
(一番上の行だけは先週金曜日の終わり値です)
そこで、年初値で勝って年終値で仕切るトレードを考えてみたいと思います。

各通貨は1万通貨単位(1枚単位)、スプレッドとスワップは考慮しないと、以下のような結果になります。(2006年は10/13までです)

      USD EUR GBP AUD NZD CAD
2006 18,900 101,700 191,300 35,600 -15,900 39,200
2005 149,600 4,400 60,500 62,100 61,500 156,700
2004 -42,200 40,400 55,400 -4,600 44,000 28,800
2003 -117,800 104,500 2,300 138,800 73.000 63,200
2002 -125,000 75,300 -3,400 -3,900 -61,800 -40,100
2001 169,100 99,900 205,300 31,200 39,400 61,600

ここでこの通貨ペアを各1万通貨単位(1枚)ずつロングして持ち続けると収益は

2006 370,800
2005 494,800
2004 121,800
2003 264,000
2002 -40,100
2004 606,500  (円)

と言った感じで平均30万円程度の利益と言う事になります。
ここで、スワップを考慮してもう一度計算し直しますと。
(スワップのきちんとしたバックデータがないので非常に大雑把です)

2006 692,000
2005 801,400
2004 408,325
2003 530,450
2002 217,225
2001 860,175 (円)

と言った感じで平均58万円程度の利益ということになります。

つまり、口座にある程度ドローダウンを考慮して、口座に200万円程度入金し、
各クロス円買いっぱなしのファンドでも、この6年間では年25%程度の利益率を確保できる。
ということです。

毎年の利益分を再投資して、複利運用すれば、年50%以上も可能なように思います。

手いらずの買いっぱなしのインデックスファンドでもこの6年は年率50%の事実は驚きです。
それだけ、円が下落しているということだと思います。
ただし、その前の5年間は残念ながらこんなにうまくは行きません。

今年を境にそろそろ、円安折り返しに入っているのか、まだまだこの傾向は続くのか、それは難しいところですね。