クウォンツ分析

クウォンツ分析というのは統計学、あるいは計量経済学的なアプローチで相場を分析していこうとする方法です。
 海外のヘッジファンドなどでは以前からこの方法を使ってシステムトレードを行っているところも多かったのですが、最近、日本のファンドでもこういった手法を取り入れる所が増えて来たようです。
 具体的には相関関数という考え方が基本的にあるものが多いようで、その考えをそのまま生かせばアービトラージュ(裁定取引)的な物になるようです。
 未来予測値に対する歪、と言う観点からみれば自己相関やカオスやランダムウォーク理論的なものを応用した物が多いようです。

 こうやって書いてきますと難しそうですが、一度エクセルの関数式やマクロに落としてしまえば、あとはテクニカル分析と扱い方は同じです。エクセルの出す売買サインどおりトレードしていけばよいわけです。

 FXとは今ひとつ相性が良くないようなのですが、日経225とは相性がよさそうですね。
当面、クウォンツ分析と日経225にはまりそうです。

「相場を科学する」倉都康行(日経ビジネス文庫)
興味のある方は、まずこの本からお読みになることをお勧めします。

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。