シストレにマクロは必要か

システムトレードを始めて、しばらくするといろいろな試行錯誤に挑戦してみたくなると思います。
「移動平均だけで検証していたけど、MACDのほうが勝率はよさそう」
「移送平均とRSIを組み合わせた物をサインとした方がプロフィットファクターは上がりそう」
とかいろいろ検証してみたいことは増えてくると思います。
 通貨ペアも主だったドル円やユーロ円だけでなく、クロス円以外も検証してみたくなるのは当然の流れだと思います。
 仕掛けや仕切りのルールもサインが変わるレートの指値で仕掛けたりあるいは仕切ったり、ストップオーダーでの仕切りを考えてみたり、アイディアだけでも留まるところがありません。

 通貨ペアが一般的なものが20ペア、テクニカルが10から20個程度、ルールの組合せが10個程度、そのおのおのに損切りをつけたりつけなかったりと、組合せを考えただけでも、簡単に5000通りは超えてしまうと思います。
 とてもエクセルの関数だけで手に負えるものではありません。
そこでマクロを使えば簡単にできる、と考えるのですが、何人かの方にお話を聞いたところマクロの壁は厚いようです。
 まるっきりプログラムの勉強をしたことがない方が、一から投資のためにマクロの勉強をする事は本当に大変だと思います。
 私自身も決してプログラムの専門家として経験を積んできたわけではないので、バグが発見できなくて戸惑ってしまったり、使いずらい物を作ってしまう事は多々あります。
 ただマクロを組めれば、バックテストが非常に楽になり、いろいろなアイディアが簡単に投資に生かせるようになる事は確かです。

 投資用ソフト(トレードステーションやメタトレード)を使えば少しは楽になる事は確かですが、まだまだ簡単に自分のやりたい事ができるというレベルではありませんし、専門的知識や英語能力も必要なように思います。

 なかなか良いFXのシストレ用ソフトなんて出ませんね。

なんとなく、結論のない文章になってしまいました。

・マクロが組めるとやはりシストレには有利。
・FXシストレ用の使いやすいソフトは当分出てきそうにない。

という事実は変わらないので、一般の方でも手軽にワンランク上のシストレができるような方法を私なりに考えてみたいと思います。

しばらくお時間を下さい。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する