上がったから買う?下がったから買う?

上昇トレンドを継続していているとき、「もう、上がり過ぎて買えない」という声をよく耳にします。それではいつ買うのか?
 上昇トレンドが一服して、押し目の時、あるいは下降トレンドに終息感がでてきた時、という意見が多いようです。
 これはカウンタートレード(逆張り)的な発想だと思います。この考え方は特に日本人に多く、ひとつの考え方というより、常識化してしまっているような感じさえします。
 問題は、押し目ではなく下降トレンドに転じていた場合、下げ止まりではなく下降トレンドの踊り場だった場合は、さらに下降したところでポジションを積みますような形になってしまいます。この場合トレンドが終息しない限り、損失は雪だるま式にどんどん増えていく形になってしまいます。
 
 対照的に、上昇トレンドを維持している状態でどんどん買いポジションを積み増していくのはトレンドフォロー的な考え方です。基本的にはブレイクポイントをクリアするごとに同枚数ごと買い増していくことになります。
 もちろん、「高値つかみ」の可能性もあるのですが、ストップロスをきつめにつけて、トレンドが反転したらすぐに手仕舞ってしまう方法なので、大火傷は少ないように思います。
 反対にカウンタートレードでは下がり続ければ「チャンス到来」とばかりに買い増すわけですから、ストップロスは付けにくくなり、いわゆるデスポイントの判断がつきにくくなる事も確かです。
 
 日本人には本当にトレンドフォロー的な手法を使う方は少ないようです。「上昇トレンドが継続しているので、買い増した」という話はあまり聞いた事がありません。

 バックテストの結果、日本の現物株投資の場合、カウンタートレードの優位性はある程度確認できます。ところが、為替の場合はトレンドフォローの方が有利なことが確認できています。
 FX投資で勝とうとするなら、基本的な考えをトレンドフォローに切り替えた方が、有利なように思います。
 ちなみに私はトレンドフォロー的な考え方しかできないので、ユーロやポンドが上がり続けても、気にせずどんどん買いたくなってしまいます。