日経225先物MINIの恩恵

7月から始まった日経225先物MINIですが、私はその恩恵に充分あずかっています。
 トレンドフォローにしてもカウンタートレードにしても、できるだけエントリーは何回かに分けてリスクを低減したいところです。クローズ注文も様子を見ながら、2,3回に分けた方が懸命のように思います。普通の日経225先物の場合、証拠金は今60万円程度なので、仮に4枚に分けて建玉を持つと最低でも240万円必要となります。口座には500万程度はないと難しいように思います。
 資金が充分にある投資家さんや機関投資家にとっては問題ない額だと思うのですが、私のようにFXや商品先物などあちらこちらに手を出している者にとっては、サブ投資の日経225だけで500万円とられてしまうとちょっとバランスが悪くなってしまいます。ボラティリティも高く一日で300円程度動く事もそう珍しくもないので、300円逆方向に動いた場合、120万円の損失になってしまいます。これは私のようにできるだけドローダウンを小さく抑えることを目標にトレードしている者にとって、少し大きすぎます。

 その点日経225先物MINIであれば、リスクは1/10に抑えられるわけで(利益も1/10ですが)
同じ60万円分のポジションでも日経225先物1枚ではなく、日経225先物MINIを10枚で持ちます。
(エントリーのタイミングがずれたポジションがいくつも並び、またクローズのタイミングもずらすことになります)
 FXでもそうなのですが、ひとつの銘柄でも少ない枚数のポジションがいくつも並んでしまう事が多いです。日経225先物の場合、1枚の単位が大きくてそれがなかなかできなかったのですが、日経225先物MINIの登場でそれが可能になりました。
 このことは私にとって非常に大きな恩恵です。