両建ては御法度

たとえば、ドル円でロング(買い)ポジションをもっていて、予想に反して下落しだしてしまったとします。この時、新たにドル円のショート(売り)ポジションを持つ事を両建てとします。
 両建てにした時点で、これ以上ドル円が下落しても損をしない、最近、一般(経験の浅い方が多いようです)投資家さんの間で、このことを「ヘッジをかけた」という言い方をしているようです。(本来のヘッジの意味と少し違うように思うのですが‥)

 では、最終的にどうやってポジションを解消するかといえば、再び上昇を開始した時点で、ショートポジションを解消して、ある程度上昇した時点でロングポジションを解消するということになるらしいですが、そんなにうまく行くのでしょうか?
 もし再び上昇するポイントが探せるのなら、先ほど両建てをしたところで、損切り、あるいはドテン、(損切りした後、ショートポジションを立てる)を行い、再度上昇ポイントで、ショートポジションを利益確定して、ロングポジションを立てた方が、リスクは少ないように感じます。
 もちろんそんなに器用な芸当はなかなかできません。自分のポジションの見込みが違った時点で、損切をして次の機会を待つ。この方法が正当のように思います。
 両建ては問題の先送りでしかないように思います。

 プロの方でもまずこういった方法は取らないようです。(アービトラージ(裁定取引)狙いはまたちょっと違いますが)
 一度うまく両建ての解消ができると、頼りたくなる気持ちは分かりますが、そんなにうまく行く事はたびたびはありません。両建ては一歩はずし方を間違うと、思わぬ大怪我をします。仕切りなおして新たなトレードポイントを探すより、両建てを片方ずつうまく外すほうがはるかに難しいです。

 両建ては御法度、これはひとつのルールとして覚えておいた方が良いと思います。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する