ファンダメンタルズ優先

システムトレードのサインが出て、ドル円のロング(買い)ポジションを持ったとします。
ところがその日の夜、米国のFOMCから利下げの発表があり、その発表を機に大きくドル円が下げ始めました。さてどうしたらよいでしょうか?
 セオリーから言えば、設定した損切りラインに達しない限り、ポジションを維持しなくてはならないわけですが、私は発表があった時点で、損切ってしまいます。

 金利政策を大きく左右する経済指標の発表や、米国の要人の今後の政策を大きく示唆する発言は、特にドル円、ユーロドルなどで、トレンドを決定ずけてしまう事が多々あります。
 システムトレードのルールには反してしまうのですが、わざわざ損失を出す可能性がかなり高いのに、ほおっておく事はないと思います。

「ファンダメンタルズはすべてに優先する」この事は常に意識しておいたほうが良いように思います。
 ただ、大きく影響を及ぼすファンダメンタルズの変化は政治や経済などの動向にきちんとアンテナを張っていないとつかめません。
 システムトレードをやっているから、ファンダメンタルズは無視していいというわけには行かないように思います。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する