システムトレードは辛抱が肝心

バックテスト(過去のデータである条件のもと、売買をするシムレーション)の結果が良好で、早速システムトレードを始めてみますと、思わぬ壁に突き当たる事があります。
 今年の4月から始めて月に一度程度サインがでるモデルであれば、7月で4回目のトレードになります。不運にも過去3回、4月、5月、6月のトレードは失敗しています。この場合、多くの方が、7月のトレードは見合わせる、あるいは試し程度の小さなポジションを取るようになると思います。ところがこんなときに限って7月のトレードは大きな利益を上げてしまう”ハズ”だった。というような事は実はよくあります。

 一般的にバックテストで安定的に利益を出すモデルは、勝率6割程度で利益率がレバレッジ5倍程度で4割ぐらいのものが結構見つかります。こういったモデルの場合、月1回のサインであれば、年に12回トレード、勝率6割なので5回程度は負ける計算になります。

 先ほどの運用の話であれば、もし、1月、2月、3月が連勝のような結果であれば、むしろ4月、5月、6月と連敗しても自然と考えたほうがよいようにさえ感じます。ところが一般的には、始めた早々、3ヶ月連続負けてしまいますと、誰でもそのモデルの成績、あるいはシステムトレード自体が信じられなくなっても仕方ないと思います。

 システムトレードは運用してみて初めて分かるのですが、実は裁量トレード以上に辛抱が必要です。自分の意志を無視して運用を続ける事は、頭で考える以上に大変な事だと思います。

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【9月12日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「毎月安定して利益をあげられる株主優待先回り投資」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【9月16日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「イベント投資とIPOを組み合わせた投資手法」
2回目の映像ではイベント投資について、IPO投資と組み合わせた投資手法をご紹介します。この手法では、IPO投資のIPO特有の値動きを利用することで、大きな利益を狙うことができます。この映像では、上場日当日に使える戦略のほか、上場直後、上場後というタイミングに応じた戦略を公開します。

【9月19日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
「ファンドの動きを利用するインデックス買い投資法」
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。この映像では、イベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する