スワップ狙いの鉄則

昨年、高スワップ通貨(NZDやAUD)への投資で、非常においしい思いをされた方が多かったと思います。どうしてもその思いが忘れられず、今年も同じようなやり方をして、痛い目にあってしまった、そういった経験をお持ちの方も多いように思います。

 では、スワップ狙いが悪いのかといいますとそうでもないと思います。
スワップ狙いの鉄則は簡単に言えば3つ。

1.レバレッジを下げる
2.スワップとキャピタルゲインの両方を狙わない
3.ポジションを分けて持つ

以上だと思います。もうひとつあげればストップロスを付けるということになると思いますが、これは充分にレバレッジが低ければ問題ないと思います。

 ただ、特にニュージーランドなどは、大きく経済状況が悪化したり、政治的な問題が出てきたときは、注意が必要です。

それでは1のレバレッジですが、2から3倍、つまり100万円口座に入っている場合であれば、ポジションを2,3枚までに抑えましょうという事です。これは近年(2000年以降)の最低値まで下落しても耐えうるレベルを考慮しています。

2のキャピタルゲインとスワップの両方を狙わないとは、あくまで長期投資(3年から5年)を前提として、むやみに決済しないという事です。

3のポジションを分けて持つとは、最終的に5枚程度ポジションを持つ計画であれば、ドルコスト平均法的に、時期を5回に分けてポジションを取ります。そうする事によって、思わぬ高値つかみの可能性は減ると思います。

以上のような鉄則を守れれば、スワップ狙いは良い戦略だと思います。